So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
本日の出来事 ブログトップ
前の10件 | -

ちょっとサボりましたね [本日の出来事]

あんしんしてください 原稿やってます。


新刊は、色々あって全部は無理なので出来る限りで持っていきますが、ペーパーは新しいの作ったから、

みちのくで一年ぶりに初遭遇だと、三回分新規無配漫画があります。が、前回新潟でほぼ全部配布してしまったため、インフォ再録にぶっこみます。よろしくです。


みちのく終わったら、ピクシブとかに上げようと思ってますよぅ


年貢とかの話『俵田渡口米』『そのリベンジ』と『推しの墓参り』が再録に入ります

無配でこの前に新潟ティアで出した『酒田大火の事』と、今回新規で描いてる奴を配りますぞ。


 やっぱりもう、気を付けないと文字だらけになるもので、今回は大分コマも大きいし文字も小さくしないように気を付けてます……はい。

 あと、フルデジタルになりました。アナログの予定だったんですが、やっぱりペンタブって慣れらしくて新刊予定の漫画を描いたりしてたらだんだん、慣れて来た。これくらいの仕上げに出来れば、フルデジタルなの、案外バレないかもしれない?いや、そんな事ぁないか 笑


 あと、途中まで、もしかするとネーム段階のものを配布するかもしれませんが、新潟コミティアで勇者席に行った『暗殺剣』改訂版も……一応。全部は無理なので、半分まで。なんかミステリーっぽくなったけどジダイの漫画です(レキシじゃないです…キャラはそのままで行ってますが時代背景に合わせると人物の年齢とか色々かみ合ってない)(そしてギミックがフィクション★あくまでフィクション)


 これは歴史じゃないんだ……時代なんだ……と、言い聞かせて描いたわりに、なんかやっぱりレキシ臭いなぁ、とは思いましたが。……実在人物使わなきゃいいんですよそれは…。解決策分かってて、でもなんでそいつらで描くかっていうと、単に私が堀・三接・巴門の漫画を描きたくて、それを描くには捏造するしかないからなんですよね。捏造するなら面白くしないといけないよね、と言う事でトンデモギミック作りました。

 ネーム捏ねてる間に、なんかちょっとトンデモでは無くなってきてしまったけど、もっとハチャメチャでも良かっただろうなぁとは思ったんだけどそこまでは無理でして。

 出来る限りで一本描きましょうや。秋のコミティア本家には出る予定なので、それまでには完成させて持っていきます。最低でも新潟コミティア秋の陣 第50回記念には出ます。


 あ、どっちが開催先だっけ?


 んでは、みちのくコミティアでお会いしましょう。あと、地元イベ。久しぶりだけど、なんかスペースが大分少ないんだそうです。まったり参加します。多分あそこ空調入らない事が多いのでジゴクだな 汗笑

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

夏が来れば思い出す君の話 [本日の出来事]

生肌に付着する君、なんかべっとりする~♪


と言う事で!

暑くなってくると服装は自然と肌を晒し、胸元はがっつりあくタイプになると……ああ、と思い出すことがあります。


シートベルトがなんかべっとりする問題。


よく考えなくてもこれ、いろんな状況の手で触るし外すと収納されちゃうから車の清掃出しても結構忘れられてるだろうし、

 夏場なんてめちゃ汗だくの胸元をガッチリカバーしてるしろものだ。

 汚れててナンボのもんじゃねーのこれ?あと、私よくここにコーヒー零す()


 直接肌にシートベルトが触れる季節になり、なんか痒い、不快だ、と思ってシートベルトの事を思ったのです。

 割と毎年夏ごろに思ってると思います。

 でも出社の時はカイシャが寒い関係で基本長袖だったりするので、実はこれを切実に感じるのはオフで出かける時だったりする。そんで、オフはオフでオフするのにいっぱいいっぱいで全力疾走するから、シートベルトの不快感については後回しになってしまう。


 今色々ヨユーなもんで、思ったことは即座実行に移していたりする都合、

 思ったときに、コンビニのおしぼりでちょっと拭いたの。拭いてみたの。うん、それで改善するならと思って。


シートの汚れ1.png

 うーぎゃ~~~

 お、思ってた以上に黒い……!皮脂汚れ?コーヒー?うぎゃ、何度拭いても黒いッ!?

 そして水分含んでさらにべっとりする、なんか……なんかこれは水だけでは落ちない汚れの気配がプンプンするぞ、そうだ、開けた胸元には夏場何が塗りたくられているかといえば日焼け止めクリームだぞ、


 もう、これ見ちゃったら居ても立っても居られない。

 肌に直接触れるから、洗剤は使いたくないけどキレイサッパリさせてやりたい。


 と言う事で、帰宅して即座、部屋の掃除用に買い置きしていたアルカリ電解水系 檄オチくんを引っ張り出す。
 これ、いいです。ものすごく汚れが落ちる。匂いもないしペットにも安心だ。

 カイシャの掃除で試しに使ってあまりの使い勝手の良さに、当時勝手に導入させてもらった。以後信頼を置いているものである。

 これをシートベルトに吹きかけて、……シートベルトって案外水を吸い込むんだね……
 雑巾の類でぬぐい取るんだけどもう、汚れが、汚れがごっそりとれる。只管そういう作業してたんだけど、なんかもっとスッキリさせる方法は無いのか……丸洗いとか。


 丸洗いだよなやっぱり。


 と言う事で結構拭き取りで汚れは取ったつもりながらもなんかスッキリしないのでここで、たらいを持ちらしてシートベルトを水にインして扱き洗い。

シートの汚れ2.png

んーぎゃーーーース

えーッ、キッタネェ!まだこんなに黒く汁が出るのうひょぅ……。


 水が濁らなくなるまでやりました。檄オチくんでごしごししながら水に付けては揉み洗い、タオルで水分をふき取り、の繰り返し。


 一日、引き出しっぱなしにして乾かして……ようやく匂いやベタつきが取れました。

 これでサッパリして、ふくしままで出かけられそうです



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

先日久しぶりにワインを飲んだんですが [本日の出来事]

度数11パーセントの赤、国産でミックス、無添加タイプ。


これが……あんまり美味しいものじゃなくて。いや、飲みやすいという意味ではおいしいのかもしれない。けど私が赤ワインに求めているのはこういう事じゃないんだ ダーン!って机を叩いてしまう感じ。

葡萄ジュースのアルコールが入ってる、みたいな味がしました。これが無添加なのか……もしかして、私がワインだと思っているのは……いやまさか。

 まだ若かったのかなぁ、あるいはそのワイナリーのワインを始めて呑んだのがこれだったので、もしかすればこれがここのワイナリーの特徴なのか??もう一本あるから(それはコルク蓋のヤツ)まぁ、恐れずまた挑戦してみます。


 ちょっと飲んで うぬぅ、ってなって一晩置き、さぁあいつどうしよう。今はやりのサングリア的にドライフルーツあるいはフルーツカットをドバドバ入れればいいのか……甘くする必要は無いなぁ、どうしよう。


 そう思っていたら、目につきました。

 アイス・ボックス。そう、味付けしてある氷のアイスがゴロゴロ入っている商品。

 こ、これだ!これを入れて呑めばもう葡萄味のジュースみたいな感覚で飲めるぞ!


 果たしてその通りで、もう一気に全部飲んでしまった。

 ワインって結構酔いが来る、と思っている大事なアルコールなんですが(酔いが回りにくい、というか感じられない事がある残念な酒飲み)さっぱり、でした。いや、お酒飲んだなぁ、という感じではあるけど全然酔っている感じにはならずにダカダカ小説撃ってました……。

 最近本当に、ストレスが無いのでお酒飲もう、って気持ちにはならないw

良い事なのか、まぁ、飲めと云われたら飲む好きだし。


*** *** ***


 あとは文字撃ったり……ネーム描いたりですね。セリフは切り回したけど絵のカットがちょっと最後までまだ終わって無くて……これを持ち込むかどうか悩ましい所です。文字、多分読みにくいなぁこのままじゃ。文字だけ清書すればネームとしては問題ないかもしれん。


 インフォも作ってないや。都合明日立つことになったので、急遽何か作ってみようか


 にしても蒸し暑い。雨も降ってる、梅雨らしいじゃぁないかぁ

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

6月25日からなんかソネットが変わるの? [本日の出来事]

ちゃんと読んでないんだけど(読みなさい)(少なくとも古参ユーザーではない)

もしかして、もしかすると、ソネットブログのアドレスが変わるのかな…?


もしそうならリンクとか、倉庫扱いしてるので……いっぱい切れてしまうかもしれないわけですね……。

違う?あれ、違うのかな?まぁいいや


当日になれば分かるだろ


と言う感じで緩くやってます。

埋め立てブログです。

そんなに出歩いてな……くはないんだけど、プラプラしてるだけなのでネタというものもあるような、無いような。


そうですねぇ、プラプラしてるのを咎められた訳ではないのですが、私の方でだんだん耐えられなくなったのとか、諸々の事情がありまして6月いっぱいプラ付く宣言してたけど

二社程、今連絡待ちしてます……仕事はね……流動していくからね、いい仕事は出た時にすぐキープしなさいっていう……御神託的なものがありまして。


 競争率高そうだったので、どうなるかはまだ分からないのと、

 内、一社条件がとっても良かったんだけど職種的にはパリピ属性があまりにも強く、もしかして場違いか!?という不安もあったりしている。


 いやぁ、今まで全部ほぼストレートに決まってたけど、本来そんなすんなりいくもんじゃぁねぇよな~。


まったり待つのん。


*** *** ***


 話変わりますが、この前髪を処理した時(言い方)ちょっと、気分転換的に(まだ退社確定ではなかったけど私は退社する気満々だった頃)いつもより長めに残したんですよね。

 髪の毛。


 ……短いとなぁ、伸びるの早くて。だんだんもはや限界を迎えつつあり、やっぱりいつもの様にガッツリ短くして来てもらおうかなぁ、と思っている。
 近年、行きつけが鶴岡でな……だから、鶴岡行く日に予約しようとしたらその日は祝日だったぁんおおん。

 次の日にずらそうかな、行くの……。(前の会社に行かねばならないアレの日)

 髪の毛、若干の癖があって伸びれば伸びるだけゆーこと気かない。

 短けりゃ短いで後ろ跳ねるんですけどね (笑)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

隙あらば運動したい [本日の出来事]

あっちこっちの景勝地とか、色々回ってみて思ったんですが


庄内はいいところです、駐車場に料金取られない。

ただし、車が無いとどこにも行けないけどね!!!駐車料金取らないと言う事は、それだけ車を置けるスペースがあるという事でもある。例えば町のど真ん中に目的となる何かしらの建物があれば、やはり駐車スペースにもお金を取らざるをえない状況にもなるだろう。そういう場合は仕方が無い物だと思う。


 しかし、同じシェブロン県においても、多少歩かせるかもしれないけど無料駐車場を作る事は出来なかったのか?(近い所は有料でもまぁいいと思う)と思う景勝地もあるわけで、他県のそういう所で有料か……というので足踏みしてしまう事もよくある


*** *** ***


さてはて、今年すでに二回目である、羽黒山登ってきました。
羽黒山とはなんぞや、という方に解説しますと、
東北で唯一国宝の五重塔がある、出羽三山の内の一つです。(月山、羽黒山、湯殿山)
山頂まで 日本で一番キロメートル単価が高い有料道路を使うと車で上がる事も可能。バスもありますが、本数は多くはありませんのでご注意ください。
山頂には出羽三山神社があり、常設的に銘月山の名刀が展示されてたり、怒涛のサトウコレクション(神仏像)は近年別の社が特別に建てられて移動しましたが、そういうちょっと行くにレアな出羽三山博物館というのもあります。あとは各自ググってください。


お手軽なのですよ、ここ。運動するのに。あと縁切りの御利益があるので、転職を悩み始めてからひたすら登っています。縁切りにお礼参りは必要なのかどうかわかりませんが、お礼参りみたいなものに行ってきました。

ここの山道は『石段』です。

ざっくり調べたところ、今の形に作ったのは江戸初期頃でしょうか、寛永7年、1630に第50代別当の天宥(改名後)が入って、彼が何年頃から整備し始めたのかまでは調べておりません すいません。

江戸時代の頃の石段が残っているのか!というと、残っている所もあれば所々整備し直している所もあります。
地元民が30年近く前に登った時はもっと石段ヤバかった!という所が間違いなくありますので、やはり危ない所などは施行し直している様です。

しかし景観なども含めて重文とか、国宝とかに指定されていたりする所が多く、
近年台風で杉の木が折れて社が一つ潰れてしまったんですが、それの処理なども一筋縄ではいかないそうです。折れてしまった木を動かすにも色々許可が居るそうで……いやはや。


ちなみにね、その壊れた社なんですが……この、縁切り神の所にあって、縁結びの社なんですよね……(三の坂中間にあるので、体力に自信が無い方は山頂から少し降りれば拝むことが出来ます)
今年一回目の時は特に建物がありませんでしたが(でも綺麗になっていてビニールに包まれてた)
今回、6月中旬見たらもう殆ど建ってました!やっぱり、社屋は杉材なのかなぁ、独特の木の甘い香りがあたりを包んでおりました。


*** *** ***


 羽黒山自体は標高はさほどではなく414メートルしかありません。

 その石段の数は2446段だと言いますが、数えた事は無いです。てか、どこからどこまで数えるのかな?鳥居から鳥居まででいいのかな。
 とにかく、ハイキングコースが全部階段っていう所でして、かつ景勝地で国宝もタダで見れる。ふもとの駐車場も有料になったのは見た事が無い。だって駐車場沢山あるもんね(近い遠いはありますが)


 よい運動が出来るというか、普段デスクワークで運動をしない人間には、まず小手調べとしてもってこいというか。

 これがね、数十年ぶりに登ったら散々たる有様だったのです。実は登った事が無いという地元の友人と、じゃぁ行ってみるか!的に登ったんですが……。いやぁ、大変でした。その友人が私が大丈夫かおい登れるのか?というふうに心配するくらいに割と病弱なイメージだったので、こっちが色々用意していって大正解でした。
 でも、私もかなりバテてておおこりゃぁやべぇな体力、と思ったのです。
 一応、東京とか遊びに行く先では只管歩くじゃぁないですか。しかも、イベント(同人誌即売会)とか絡むと、ヘタすると大荷物を持って、あるいはカートを曳いて歩くハメになる。国際展示場とか、あれ東から西に移動するとか、割とシャレに成らない距離がある。特に東。
 イベントから帰ってくると、あっちこっち筋肉痛だし、ハシャギすぎてバスとか電車の時間ギリギリまで遊んでると、最後などに猛ダッシュする必要なんかも出てくるんですが(おい)体力が無いとこれが、辛い。

 イベント参加の時は、まずギリギリまで修羅場ってて体力ヘロヘロの時もある。
 そもそも、ちょっと無茶をするにしたってやっぱりもう若くないから体力はつけておくべきだなぁ、今後もしばらくこういう事したいんなら……。


 と、切実に思ったのでした。
 そして私は結構、運動は嫌いではなく、持久走マラソンも案外嫌いではない事を学生時代から薄っすら自覚している。ただし万年文化部だったがな!!!


 そうして、一年に一回以上は今の体力を試す様に羽黒山を登るようになった訳です。

 近年はちょっと登りすぎてたのは、神頼みしてたところもあります。


*** *** ***


 先日、初めてノンストップで登りました。40分位でしたね……もう少しペース上げられたかもしれない。
 下りは30分位なんですが、今ふくらはぎがやはり筋肉痛なんですよね(ちなみに歩く、階段登る、等何も感じない。足首と膝の連動運動をすると痛い ふつう生活ではほぼ使ってないのだろう、寝てると痛い…)
 明らかに、下りの時にヤらかしてる感じがする。何とか工夫して降りてこれないものかねぇ。これは少し調べてみて次に実践してみたい。


 大分人並みにはなったのではないか?と思ったのでした。だって、結構みんな良いペースで登っていくじゃない。40分位余裕だよ、一般的だよ、それなりにスポーツやってきたなら!みたいな。

 それなりのスポーツなどしたことが無い場合は以下略ですな、うん。登るのは……止めた方が良い。


ちなみに、国宝までも少しだけ歩きます。その道は先に降りで帰りに登る。
見ていると、ここでかなりヘバっている方もいらっしゃるようだ。


*** *** ***


 現在、国宝五重塔の内部が150年ぶりに御開帳されて、見ることが出来ます。
 一部天井の板をあえて外してあって、上の階を見上げる事が出来るのですが、そこからねぇ、すごい涼しい風が吹きおろしてくるんですよ。

 おそらく、塔全体で受けている風を取り込んで、下の方へ流す何かの構造があるのかもしれない。それで、不思議と塔の中が涼しかったり。
 また、普段は見ることが適わない、五重塔二段目の高さに登ってさらに中を覗く事も可能です。
 やはり、塔の中に首を突っ込むと涼しい。
 最上義光時代に大修復した跡として、中央の柱を見ることが出来ます。また、普段は見上げるばかりで、いでは会館などの模型などでしか見れない杉の板葺を間近に見ることが出来ます。これは大変貴重!

 だがしかしだ、高所恐怖症の方は多分無理だろう……そこに登る階段がちょっと、本当に高所恐怖症の方には無理な感じでした。怖くない人には怖くはないだろう。

2018年、11月4日日曜日まで御開帳されているので、混み合っていない頃を見計らってどうぞ (笑)


いやぁ、あのあたり杉の木が途切れてて日差しが強いから、真夏には並びたくないなぁと思って。
あまり多人数入れないし、2階に登るのは設置階段の都合5人位ずつまでしか登れない上に、覗き込めるのはマックス3人ずつなのだ。とっても牛歩なのでそこは御覚悟を!

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

キーボードが…使い辛い [本日の出来事]

今更気づいた事じゃないんですが、

そんな、安物買った覚えもないんですがワイヤレスのキーボードがね……大変……早打ちに適していないという事を察し始めましたね……。


そもそも、文字撃ち作業はこの埋め立てブログも含めて、ノートパソコンの方から行う事が多かったのです。

そのノート、今の環境(タワー、ウィン10、グラボ積んだゲームも可能だけどゲームはやってないが画像処理に役立っている)に移った時完全にオフライン化したのですな。無線系がちょっとイカれてしまって、ネットを有線にしないといけない不具合なんかもあったし、そもそもビスタだ!!!ビスタなんてあったのかとか言われそうだ……


ノーパソは画像処理は一切しない系、小説打つ用と割り切って使っておりまして、オフラインした後もデータが主にこちらにあるのでそっちでやって、持ってってアップロードとかしてたと思いねぇ。


 さてそして転職し、転職先はめちゃくちゃ察してたんですがめちゃくちゃ忙しい職です。営業事務なんですが、ヒドくなるの分かってて転職先を決めたので今更文句は言わない。だがしかし、あまりにもこっちの能力に頼り切られて消耗がハンパない事を察し始めて静かにフェードアウト。今ようやく縁を切りました。


 同人誌活動(漫画描き)が精いっぱいで、ワンジャンルやるのが精いっぱいでしたからね……

 帰宅してブログる余力はない、絵を描きたいと思うが筆が持てない(締め切りが無いと絵を描かなくなった)


 これはだんだんマズイのでは、と思ったのです。


 創作は小説も漫画も大好きで、今歴史に首ったけですが……二次だって本当はやりたい妄想はあるんだよ……

 でも出す余力などあったもんじゃねぇ。


 そういうわけで思い切って縁を切り、もちょっと慎重に職を探そうと思ったのでした。


 あの忙しさは異常なのよ、わかってるんだけどその異常を常態化されて行ったのが本当に困ったもんで。
 一週間に一回クライマックスがあるくらいならいいけど毎日クライマックスで、毎週デッドエンドなんだもん。それとは別に修羅場が月に3回以上あるんですよ……よく体調をさほど崩さずに務めた。というか、体調を崩すのだけは絶対回避の方向で務めたので他に何もできないんですよ……だから、趣味シュラバ入れると絶対的に体調が崩れていくっていう。
 

 今辞めて……二週間たってないのに俺、その間に何が出来てる?すごいぞ、いろんなことが出来ている

(それは仕事してないからです)


*** *** ***


 前職が本格的にクライマックスになる前に、なんとか今のパソコンに移行し(買って放置して設置出来たのが一年近くたった後だったぞ)
 ノートパソコンは……うーん、履歴を見る感じ6年は放置したっぽい。よくその間に壊れず通常起動したなぁ

 本当に書類の山の中に積んであった。


 で、そのノーパソをデータのサルベージの為に再起動してみて思った。



 キーボードの文字がすでに見えないが(ブラインドタッチだから私は困らない)

 めちゃくちゃ撃ちやすい……!!!!柔らかい、誤作動しない、てか柔らかい……!!!


 というか、今使ってるキーボードが使い辛いんだよ!たまに暴走して一部のキーが利かなくなる(しかも超ランダム)、どっかのボタンが押しっぱなしになる不具合も起こすし、そのたびに再起動なんだよ!


 これは……無事職を得たらちょっと吟味してキーボードを買い直した方が良さそう。


 ふぅ、ノーパソを使うだけ、こっちのキーボードの使い辛さが際立ってきて辛い……よくまぁ今まで使っていたもんだ……。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

離職記念。と言う事で [本日の出来事]

転職です。いや、転職先まだぜんぜん決まってないんでアレなんですが(探しているヒマさえなかった)


前々回はぎりっぎりまで仕事押し込まれたので、失業保険とか手当とか


 貰って遊ぶヒマなんぞありゃぁしませんでした。


その次は、カイシャ都合なんですが属性が『自営業』でしてな……

 なんと、その場合失業保険が出ないんですってよ奥さん!と言う事で大至急手に職を得ました。幸い、履歴的にすぐ決まりましてすぐ働きました。


しかし、この職種でもそうかこれは自営業か……。

 まぁその職はヒマはありまくったのでシゴトを探しに行く時間もあったしなぁ。


 仕事探しです。でも、ちょっとまって……そうか、そうなんだな。


 基本長い年月勤めてるので、失業手当…割と、満額出るんだな、私……


*** *** ***


 ったって、三か月なんてあっという間だろうよ。原稿書いてたら、あっという間だよ多分。

 でも三か月働かない、なんて生活……置き換えてもいい。通学も出勤もしない一か月以上、なんて完全に、

未知の領域も良い所です


 そういう未知の領域もすごい気になるんですが、

 とりあえず、8月までにはなんか職を見つけられる様にしたいなと思います(←完全に遊ぶ気になっている)


 勿論良い職場が見つかればすぐにでも働きましょう。

 でも不況ですし、こっちは地方だからなぁ。

 今回みたいな事にならないようにしたいです、っても、地方じゃぁ無理な話なのかもしれないけれども。

 それにしたって振り返ると、ブラック通り越してるところが結構あった職場だったなぁ、

 というか、古い体制のまま平成を終わろうとしている、というか。


 辞めたシゴトについてはまぁ、もう何も言うまい。


 とにかくできなかったことをガンガンやっていかないと。そう、まず部屋の掃除ね。


 あと、この駄文埋め立てブログのペース元に戻す作業とかね。


 ホームページの改定とか。


 ぼちぼち、やっていきましょうや。


*** ***


 それで、余裕が出来たら漫画も描くんだ。


 脳内でこねくり回していたものが沢山ある。

 それを、ネームでもいいから一旦アウトプットするのが休業中の私の課題です


 割とこう、小説だと性癖マックスのものも平気で書くんですけど
 漫画も描けるかっていうと、未だ描き切れてるとは思えない。漫画は、何故か恥ずかしい。

 多分そのシーンに向き合っている時間が長いからだろうと思っている。小説なら数行で事足りる性癖マックスの事情が、漫画だと最低一コマでもそのコマを仕上げるためにどれくらいそのシーンとにらめっこしなければならないか、的なかんじの……。


 今割と形がほぼ出来てて描き出し始めてた性癖抉らせるのは、ホーフク理論です。が、それ作ってる最中に見事に歴史沼に足を突っ込んだ為、歴史沼に居る。


 では歴史沼でどんな性癖抉らせた漫画が描けるか?というと、

 今考えうる限りはレキシじゃなくてジダイになって(創作レキシのややジダイ)

 多分、堀巴門がただの小姓頭じゃなくて郡代次席(みつおかくん)の用心棒兼ねてたら?的な話ですかねぇ。

 想像していて楽しいのと、藩政が揺らいでる所は多分ジダイ的にスリリングで面白いんだろうなぁと。

 ただし、ちょっとその辺りは藤沢周平センセイに(同郷)完全に補足されているので、……あの話と似たものになるよな、という予感はしている。というか、それに触発されていると言っても多分過言ではない。


 あとは、こう、原型となっている初期ひな形があってだね。

 これはもうどうにでも変換可能ですべての原型としてあらゆるところに当てはまるもの、的な基本的なパターンが組んであるものがあるんです。

 こう云う話は世の中に千差万別存在する事を承知しているが、基本的な話は基本的だからこそ自分の性癖をブチこんでみるとどうなるのか、というのが楽しいというか、怖いというか。


 そうやって理論考察を繰り返している話があるのです。

 基本的かつ漫画の神話かというくらいに古典的な事なので、あとはそれを自分なりにどうアレンジするべきなのか、とか。

 そういうの、もうどーでもいいから脳内コネコネやめてばんばん外に吐きだしてみたらどうなんだろうなぁ?

という気にもなっている。

 このあたり、短編縛りでネーム修行する為になんとかかんとか、描き出せたらよいなぁ などと。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ちょっと過去記事を眺めて来た [本日の出来事]

すごいねぇ、一年まるっと書いてない (笑)


何で書いてないかっていう理由がすごく明快。そうです、愛する猫殿がお亡くなりになってからぱったりと書いていない。

段々笑い話に昇華していかないと私がヤバいのでだんだん、書いて置きましょう。


その頃、何が起こっていて私はブログに手を付けられなくなったか。


*** *** ***


 今、耐え切れなくなって別の猫殿を飼っています。ちょっと噛み癖がありますが、前の子が只管ウルサイ子だったのに反して『えっ!?お前そこに居たの!?』的に比較的フツーに鳴くタイプなので、そこはどっこいどっこい。


こっちが何か読んでたりするとジャマしてくるのは、そうかそれは猫のサガなのか……。


 愛猫が妖の世界へ旅立った事が直接的な要因でしょう。


 でもその前からかなりストレスな事が起きていて、大体それでトドメを刺された感じでした。


 えーと、歴史嵌ってからですね、嵌ってからです。嵌ったころに、仕事場に本当にダメな(とはいえ、最近グチってしまったあの子とはまた違うベクトルで育てようのない)子が入ってきてシゴトのしわ寄せが全部自分に来てるのが分かってゲンナリしていたと思います。どうにか頑張ってほしくてあれこれ手を施したんですが、ダメでした。この子を見て、私は初めて反面教師的に『本当にやる気が無い人はどんなにがんばって教えても無駄』ってのが身に染みました。

 当たってしまった、ついに私にもこういうタイプが……涙目 


 やっぱり、何事もやる気次第なんだねぇ…。というか彼女、仕事しないで何しに職場に来ていたのか??そんな疑問も湧くくらい。

 カイシャの上役の親戚人事だから以下略だし。


 しかし彼女は無事に、無事にと言って良いのか、私的には居るだけで仕事全部こっちにブン投げられてくるからあんまり喜ばしくなったので良かったのか、いや、そんだら空いた分誰がシゴト回すんだよ俺だ!!!!(即答)

 みたいな感じで、それはそれでゲンナリしてたと思ってください。


 そんな頃、私的にはすんごいありえない事がプライベートでおきました。

 詳しいくとは書きません。墓まで持っていくよ。でも原因の人にはこういう精神状態で↑めちゃくちゃ参ってた当時トラウマレベルに拒否反応が出て未だに収まる気配がないので距離を取らせていただいております。

 一回じゃぁないんだよなぁ…だから、ああこの人こういうことする人確定なんだダメだこれ以上平常心でお付き合い出来ない ってなってしまった。


 それから半年くらい、その間にカイシャに人が増えたりしたけど、すでに限界値で回していたので人を育成していく余裕は無かった状況です。もっとも、入ってきた人はすでに一年以上違う店で同じ事務業をしていたはずなので別に教えるのは変更になったシステムの事位で良い……はずだった。はずだったのだが!!!!


 年齢とか引き合いに出して自分には出来ないを主張するタイプの人でした。


 こっちだってそんな年齢変わんねぇってば……(見た目よりも大分年寄りですよ私は)


 自分に出来ないと放り投げたらその仕事はどうなるんだね??


 あー…と言う感じでしょうがないから拾い上げる作業をする。

 そこに例の先日お辞めになったびっくり新人ちゃんがプラス。やる気はあるけど声が小さい…声が……


 そうこうしている間に察してたけどシゴトの相方さんが産休~。

 仕方が無い、それは仕方が無いから


 とりあえず彼女が無事元気なお子様を御産みになるまでは私はすでに辞めたいこの仕事を頑張る事を自分に向けて誓っていたのでした。


 一年以上前からもう、辞めますオーラを醸しては、いろんなところでフェードアウトの構えを見せて会社を牽制し続けておりました。


 でも、前のブログにも書いたけど私忙しいのは全然嫌いじゃないのだ。

 やりがいとか、求めちゃダメとよく言われるが、やりがいはある仕事だった。

 しかしだ、私はここで仕事はするが、それ以外をやる気が全く起きない。ラインを開けたくない理由の全部が全部ここに集約されていると言っても過言ではない。うっかりプライベートを捕捉されない様に、ラインなんて言語道断、みたいな感じで全力拒否モード。

 大体、私趣味が完全にオタク道だしね。好きになったらどんなジャンルでもとことんやっちゃうからどうしたってオタクですよ。

 ゲームと歴史書読みは堂々とやってました (笑)

 

*** *** ***


 やりがいある、ぶっちゃけシゴト的には好きなのに、それ以外でストレスが酷いからここにいるといよいよマズイという感じがビンビンにする。

 改善するのか?改善するべく人がどんなにガンガン辞めようがドンドン入れてくれるのかと思ったけどそういうわけでもなく、今これしか居ないんだから回すしかないよね?じゃねーよ回ってねぇよ。


 なんで出来てないの?っていう感じの質問に『やる人が居ないからです (# ゚Д゚)』と返さざるを得ない状況なのにこっちが責められるのは本当にストレスだった。

 これ、無理に廻してしまったら、廻ってるって思われる。そういう、表面的な所しか見ない多忙な上司の一人を見ていて、貴方と同じペースで他人は仕事をしないって思ったのと、その上司その多忙故にミスがすごくて(以下略)

 ミスを犯してまで仕事量を増やしていいのか?という疑問が多大にあったりしたのでした。


*** *** ***


 その鬱憤が同人誌に向く。資料集めと読み込みに行く。なんてすばらしいオタク道だろう。


 でも今はまっちゃったのが歴史で、本当にこの界隈は罪なジャンルです。

 ヘタに趣味に人を誘えない。

 誘っても、見たい所が本当に違うから付き合わせる訳にはいかないから基本単独行動になる。


 そして、ストレスがアレなので、明らかに自分の萌えが狭まったのが手に取るようにわかる。

 歳の所為もあるのかのぅ、まぁ昔から他人の萌えに全部肯定的にはならない友人とばかりつるんでいた所があるので、萌え語りを見ているのは面白いけど私はそれに加わっていくパワーが出ない。

 いや、萌えはあるけどごめんジャンルがめっちゃニッチだから無理だ(笑)其処に入ってく自信がねぇ。

 そして人の萌えにあまり共感を得られない場合がある。

 そういう時、どうすりゃいいのか良く分からなくなってきたのだった。

 前はちゃんと共感出来てたんだろう。でも、今ストレスが自分で思っているよりもヒドくって、何を聞いても全然響いてこないのだ。


 と言う感じで全部同人誌とか漫画を発行する事で発散~。

 煮詰まっていたものを形にして、反芻する事は楽しい。苦しい作業でもあるんだけど、あとはもう何をしても形が与えられてしまったからどうしたって残るというものにしてしまうと、その満足感は結構半端ないのだ。


 ただし、その後ちょっと燃え尽きる。 (笑)


*** *** ***


 そして猫殿が亡くなった。

 まさかと思ったけどものスゴいダメージを受けていて、猫殿は元気ですか?大変でしたね?的な話をする事すら苦痛だと当時感じてひたすら人と会う事を避けようとしていたと思いねぇ。


 黒猫に出会うと、無性に泣きそうになるのは今も変わらない。

 よくそれでツイッターで猫画像で黒猫なんか来ちゃうんだけど、でも動物が好きで黒猫が嫌いなわけではないからブロックはしない。でも大体画面の向こうで涙ぐんでますよ。いいんです、向き合わないと昇華出来ないから可愛い黒猫画像を見てはくっそ可愛いな、でもうちのモノリス殿だって可愛かったんだよ!みたいな事を心中呟いていると思ってくだされい。


 でもモノリス、ぶっちゃけ顔はそんなに可愛い部類じゃないと思っている(声は逸品だった。あと毛並み)

 顔の可愛さで云うと今のウノの方が五倍くらい可愛い(素直)


 そんなふうに、ゆっくり昇華していきたいです。


 ナガナガとグチの類を失礼しました。心の整理です。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

防砂林の事 [本日の出来事]

先日、家に帰ったら家の前に会った若い松の木が全部切り取られておりました。

家の人から、良く気が付いたねなどと言われましたが気づくに決まってるじゃない…と、言いたいけど

精神状態がアレだとこういう風景の変化に驚くほどに鈍感になる事を体感として知っているため、

当然だろ?と口で言いながらも内心はもよっておりました、こんばんわ、


庄内の、防砂林の事を書きましょう。


*** *** ***


 庄内の防砂林植樹の歴史は 本間光丘から ではありません。

 一番有名かつ、規模がデカく、現代まで永続的に(組織は変わりましたが)管理されているという意味で云えば、本間光丘の防砂林事業は称えるべき事です。

 しかし、彼が始めて、初めに思い立ったことではない。

 成功した人、失敗した人も含め庄内地方には植林の先人がおり、父光寿の願いもあって先だって防砂林事業を行っていた人に協力を仰ぎ、金銭的なバックアップと人員を確保する『事業』として廻す事で今日があります。


 彼が最初に携わった植林は、日和山から現在の光ヶ丘までです。

 昔は(松尾芭蕉が来庄した時の記録として残っている)少し風が吹けば砂嵐で前が見えなくなるくらいに酷い街道であったという。これは鵜渡河原近辺の萱原の事らしいけれど、ようするにこの辺りまで砂が飛んできたという事だろう。今考えると恐ろしい…。


 さて、その植林が成功し、彼が亡くなって次の光道の時代に、ようやく防砂の働きが認められるようになった。そうして彼の偉業をたたえて石碑などが建てられるようになった。


 その後も植林は続けられ、(本間家は西浜を植林し続けた)北は宮海界隈まで南は湯野浜近くまで、今も防砂林管理が行われて広がっている。光丘の成功を見て力づけられた各地の豪農たちが、あちこちで防砂林事業を再開、現在の庄内地方に至る。


*** *** ***


 そうして松林がうっそうと繁る事で、飛砂が収まりそうするとどうなるかというと、毎年春に砂で埋まった河川の掘り起こし作業をしなくてもよくなった。

 そして、時に村単位での争いになる、葦原や僅かな山から薪等を切り出し、集める為のフィールドとして新たに松林が加わった。

 松から落ちる松葉、松林の間に生える他の植物や邪魔な枝は近隣の人々の手によって綺麗にはらわれ、拾い集められて肥料や、薪として持っていかれる。

 だから、昔はこの松林を管理する団体なんて必要なかったのだ。

 今、時に放置されてうっそうとした森になってしまっている防砂林のクロマツ林は、昔は自然と綺麗に管理され、そこには松露(キノコの一種)が生えやすい環境に保たれていたそうだ。


 ところがどっこい、管理の手の届かなかった松林というのもある。


 今の、万里の松原と呼ばれるところだ。いつの頃の話かは分からないが、この道沿いには昔コレラなどが流行った時に人を埋めた歴史なんてのもあるから、昔はあまり人の寄り付かない所だったのかもしれない。


 んで、

 このあまり人の手の入らない松林に何が出たかと言うと……

 盗賊が出たそうでございます。

 大変に治安の悪い場所として、……何時頃まで?結構近年?大正?昭和?

 ちょっとまだその辺りまで調べ込めていないんだけれども。

 今でも通ると、少し山になった背の部分だから日の当たらない所が多くて確かにちょっと、怖い雰囲気出てます。


*** *** ***


 防砂林、ところで近年の十里塚近辺の、元気が無い。あっちこっち枯れているし、あと巨木になりすぎて、風で倒壊、折れてるなんてのもたくさん見るようになった。


 実際、内の目の前でめちゃくちゃデカい巨木が二本枯れていて、一本なんか完全に枯れて今、幹にめちゃくちゃキノコが生えてるはストレンジャー(寄生植物)ぐるぐるだわで、


 もうこれ何時の台風で折れちゃうんだろうガクガクブルブル 状態。


 そういう、危ない木や松以外の木は、管理局の方で切り倒すらしく、その目印として蛍光ピンクのリボンが巻き付けられている。


 話は最初に戻る。


 家の、前に会った若い松が全部切り倒されていた。

 そう、冬が明けてから、彼らにはすべてその蛍光ピンクのリボンが巻き付けられていたのだ。

 いずれ切ってしまうのか……というのは察していたけど、まさかこんなあっさり無くなるとは思わなかった。

 ピンクリボンされて一年以上放置されている木もある中で……


 この若い子ら、敷地外に生えていたのね。だから伐採対象だったんだけど、数年前まではそこのものすごく巨大で実も成る鬼グルミがあった。でもそれ先に切り倒されてしまった。


 ずっとここに住んでいる訳では無いんだけど(元々は別荘地)小さなころからこの辺りで夏の間は遊んでいたからこの、家の前の僅かな空き地の遍歴には詳しい。


 若い松は、多分20年モノ位だろうと思う。…鬼グルミの方があとで生えて来たくせにあれは、一気にデカくなったんだなぁ。


 20年そこらでそれなりに大きくなってしまうんだ、そりゃー、老朽化して世代交代もしなきゃいけないよなぁ。


*** *** ***


 今から大凡100年前、やはり光ヶ丘の松林が老朽化し、世代交代を行った記録が本間家関係の本に出てくる。

 その時切った松で盆などを作って売ったそうだ。

 いくら長生きの木とはいえ、20年で二階を超すサイズに育つ松、100年以上現役というワケにはいかないのだろう。光ヶ丘と十里塚近辺の植林レキシはずれているだろうから実際の所は分からない。ただ、現在の光ヶ丘の松林もかなりの巨木が目立つので、大体同じ年代じゃなかろうか、と思ってこんな事を書くのだけれども。


 光丘が植林初めたのが1850年代。老朽化したから伐採した記録は1920年代。

 あら、って事は中でもう一回くらい世代交代作業していたのかもしれない。年代としては光暉の頃かな?

 光暉と松の木で思い出すことと云えば……


 日和山にある、光暉と白崎さんの消防組織結成についての石碑に三本の松の木が割り込んで生えている奴。


 …これも、2017年頃いつの間にやら切られてすっきりしていた(まぁそのくらい、愉快な状況になっていた。愉快だったので写真も残っているはずだけどちょっと、探せなかった)


 *** *** ***


 さてはて、そんな感じでここ最近松の伐採が進んでいる。その裏で、植林が再び進んでいるのも知っている。

 一時期、松くい虫で大分被害が出たところがあったらしいけど、そこは今結構な大きさに木が育っている。


 新潟の道中、防砂林が見事に枯れて素っ裸になってるのをリアルタイム見続けたので、こんな風にならないといいなぁ、という心配なんかもあったりしてね。



 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

まつかふん…… [本日の出来事]

そう、この季節になったのでブログをぼちぼちちゃんと埋め立てていきたい意気込みもあって、認めようと思います。


めっちゃ松花粉、飛んでます。

いやまぁしょうがないよ、防砂林の松林の目の前に住んでいるんだからこれは毎年恒例行事として諦めていくしかない。


窓は基本全部締めます。締めないで出かけてしまうと、部屋中の物がうっすら、黄色くなってます。


 ただ、これ花粉は花粉でも杉や稲類程恐ろしいものではないのです。

 杉や稲科は花粉症というのを引き起こす事がありますが、松花粉は心配不要です。

このランドフィルに埋め立てた事がありますが、花粉そのものがデカイのです。杉の一回り大きいです。

 でも実際、スギ花粉がヤバイ理由は『壊れやすさ』にあるそうだ。飛散地が乾燥している事で、壊れやすいスギ花粉が細かくバラバラになり、これを吸い込むことでスギ花粉症が起こるのだという。


 松花粉症は、調べたところない訳では無いが アカマツ科では花粉症があるとは出てくる……でも花粉の形は同じなんだよねぇ。サイズまでは調べられなかった。

 だから、アカマツ花粉症があるならクロマツもあるような気がするんだけれども。


 しかし、花粉の大きさは大きい方だから、これが悪さをするにはブレイクしてサイズが小さくならないといけないのではと思う。

 そこの所、在り難い事にクロマツ花粉は発生が春真っ盛りのスギと違い、梅雨に突入する前あたりの今がピークで、天候的には良く晴れたり雨が降ったり。


*** *** ***


 まぁそんなわけで、松花粉の季節です。

 出勤前の愛車が見事な松花粉シャワーを浴びてる状況でもう、真っ黄色 笑

 でも出勤するに走り出すとこの花粉をふっ飛ばしていくので間違っても水で洗い流すなんてことはしない。

 水分を含ませてしまうと膨張して体積が増えるらしい(いや、破裂してるんじゃないのかしらん?)


 そういや調べてたら大陸の方では松花粉は漢方の類みたいな扱いで、体に良いとかいう考え方もあるらしい、

 食べるらしいですよ、松花粉。


 長年この季節に、空が真っ黄色になっているのをうげーって眺めながら何も問題無く生活しているんだから、松花粉にはきっと、そんな問題は無いんだろう。

 たぶん。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 本日の出来事 ブログトップ